女性

腎機能改善のための病食

カップル

患者の増加と病食の人気

腎臓病は患者によって原因や症状が様々な疾患ですが、主に継続的な食塩の多量摂取による発症が多いと言われています。特に高齢者では加齢によって腎機能が低下しており、生活習慣による腎臓病が起こりやすいため、高齢社会の現在では患者が増えています。また、ファーストフードや揚げ物中心の弁当は塩分が高いことが多く、これらを日常的に摂取することが多い現代では若年層の腎臓病も増えています。治療に際しては症状を抑える処方薬や、進行した場合は透析治療が行われますが、症状の程度に関わらず食事療法が必ず行われます。食事療法は副作用の心配が全くないため、あえて処方薬を使わず負担の少ない治療を行うこともできるという点で注目を集めています。

栄養成分の特徴とは

塩分の摂りすぎが主な原因となる腎臓病の食事療法では、漬物や揚げ物など塩分を多く含む食品を徹底的にカットしていくというイメージが強いです。実際には塩分に加えてタンパク質を抑える必要もあり、肉料理などのタンパク質を多く含む食品もカットしていきます。しかし、十分なエネルギーを補えないとかえって病状の悪化に繋がってしまうため、塩分・タンパク質を減らすことと同時にカロリー摂取量を通常の食事と同じ量に保つ必要があります。このような腎臓病の食事療法は、自宅でバランスの良い病食を用意することが難しいため、病食の宅配サービスや介護施設などの医療機関での食事サービスが活用されています。これらのサービスでは専門家の管理のもと腎臓病に効果的な献立が用意されており、味や満腹感にも配慮した病食が提供されるという特徴があります。

充実した毎日を送るために

ウーマン

腎臓病を悪化させないためには、たんぱく質、塩分、カリウムを制限した食事療法を行っていかなければなりません。食事療法を行っていくと、どうしても食事に物足りなさを感じてしまうため、肉類は衣で揚げて嵩増しするなど、献立を工夫していきましょう。

詳しく読む

腎臓を守る食生活

ご飯

腎臓病によって腎臓の機能が低下した場合、それ以上の低下を防ぐ食事療法が必要となります。食事療法によって腎臓は守られますし、合併症も防がれやすくなります。食事療法では、塩分とたんぱく質の摂取量を減らすことになります。昨今では、これらを減らしても十分な旨みやボリュームのある腎臓病食も販売されています。

詳しく読む

腎臓の負担を減らす

男女

腎臓は血液中の老廃物をろ過してくれる重要な臓器です。しかし塩分やたんぱく質を摂りすぎると腎臓に負担をかけてしまいます。日頃から塩分やたんぱく質を控えるなどして腎臓病にならないよう食事療法を心がけることが大切です。

詳しく読む